夜泣き時期と抜け毛についての考察

一般的に夜泣きは、4〜5か月目から始まると言われています。

今まで夜もぐっすり眠っていた赤ちゃんが、ある日突然泣き出すようになるのです。

 

赤ちゃんならどの子も夜泣きをするというわけでもなく、また、これといった原因も良くわかっておらず、泣かれる親にしてみれば、せつない気持ちでいっぱいになります。

 

毎夜、繰り返されていくことで、親はストレスが溜まり、敏感な赤ちゃんはそれを感じ取ってまた夜泣きをする、という悪循環に陥ります。

 

赤ちゃんによっては、車に乗せ一回りすると泣き止む、とか、階段を上り下りすると寝てしまう、など、その子によってベストな方法があり、泣き止ませることができる場合もあります。

 

しかし、うちの子は、何をやってもダメだ、という場合もあります。そうなると、原因がはっきりわかっていない以上、どうすることもできません。

 

うまくつきあうしかないのです。

 

夜泣きの場合、どうしても、日中仕事をするパパより、ママの方が赤ちゃんにつき合って起きていることが多いですが、たまには、パパにお願いして、ママも休息をとることが必要です。

 

週末など、仕事が休みの日は、思い切って、パパと赤ちゃんを残し、外出するとストレスも少しは改善されます。

 

気になって、すぐに家に帰りたくなると思いますが、そこは自分の中で割り切ってしまうことが重要です。

 

ずっと気持ちが張りつめた中で子育てしていると、自分が参ってしまいます。

 

また、この時期は、近所の方へのフォローを忘れないようにすることが大切です。

 

夜泣きがひどくてすみません、の一言を聞けば、ご近所の方は納得してくれます。

 

みんな似たような経験を持っているはずです。

 

逆に、夜泣きに良い対策などが聞けるかもしれません。

 

子育ての先輩の話は夜泣きに限らず役立つことが大変多いものです。

 

いずれにせよ、夜泣きは永遠に続くものではなく、いずれは終わるものなのです。

 

できるだけ、心にゆとりを持って子育てに臨めるよう、周りの協力を得ることは不可欠です。

 

夜泣きと抜け毛

夜泣きが続くとママさんへの負担が大きいですよね。

 

一番は睡眠不足。

 

あと、妊娠中とはホルモンバランスが変わるので、抜け毛や生理不順などが発生します。

 

対策としては妊娠後も葉酸を飲むのが良いですね。

 

でも赤ちゃんはママのそういった状況を理解してくれません。

 

生き物の倫理上、ママは子供の為に存在しています。

 

とはいっても、辛いばかりでは苦しいですよね。

 

特に髪の毛が抜け出したら、女としての自身も失ってしまいそうです。

 

とりあえず育毛剤やシャンプーなんかでケアしてください。

 

そしてみんなのアイドルmkb48みたいになってください。

夜泣きのストレスでビール腹に

あと、夜泣きのストレスでビール飲み過ぎちゃってビール腹。

 

多少なら良いけどポッコリ過ぎるとちょっとね。

 

原因は一緒に食べるおつまみが原因ですね。

 

詳細はビール腹解消.bizで。